カテゴリー別アーカイブ: ハイチオール

ハイチオールBクリアはハイチオールBと何が違う?

Pocket

体内環境を改善して、肌をきれいにするハイチオールBクリア。新発売になったので、前回は効果などをまとめました。(関連記事☟)

新発売!ハイチオールBクリアの成分、効果、副作用、値段などのまとめ。

 

hythiol-b-clear1

 

でも、そもそもハイチオールBという薬もありました。ハイチオールBはこの新製品のハイチオールBクリアと切り替えで販売終了のようです。せっかくですから、この2つの薬は何が違うのか、詳しく比べてみます。

 

成分と量を比べると?

ハイチオールBの方も、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常化させる薬です。脂質の代謝も助けるので、ニキビや吹き出物などの症状も緩和します。

ハイチオールBには、5つの成分が含まれます。ハイチオールBクリアの成分は8つでした。ハイチオールBクリアの成分から、チアミン(ビタミンB1)とニコチン酸アミド、ビオチンが減ったのがハイチオールBです。

 

hythiol-b1

 

ハイチオールBクリア ハイチオールB
チアミン(ビタミンB1) 10mg
リボフラビン(ビタミンB2) 38mg 20mg
ピリドキシン(ビタミンB6) 50mg 100mg
パントテン酸 20mg 8mg
ニコチン酸アミド 40mg
ビオチン 100μg
アスコルビン酸(ビタミンC) 50mg 100mg
L-システイン 80mg 80mg

 

ハイチオールBクリアの8成分から、3つ減ったのがハイチオールB。でも成分の含有量はバラバラです。

ビタミンB2とパントテン酸はハイチオールBクリアの方が多く、ビタミンB6とビタミンCはハイチオールBの方が多いです。

こうなると、どちらがどれだけ効果が高いのか、はっきりしません。

 

compare1

 

薬の特長を比べると?

次に、効能・効果、用法・用量、副作用、価格などを比べてみます。

 

効能・効果が微妙に増えた

薬の効能は、肌トラブルの症状改善です。

「肌あれ、にきび、湿疹、皮膚炎、かぶれ、ただれ、口内炎、口角炎、口唇炎、舌炎」といった症状を緩和します。

ハイチオールBクリアの方が、効能が多くなっています。上の症状に加えて、「目の充血、目のかゆみ、赤鼻」が増えていました。

大きな変化ではなさそうです。

 

用法はハイチオールBクリアが1日1回で楽

用法・用量は、ハイチオールBクリアの方が楽です。

ハイチオールBクリアは1日1回。ハイチオールBは1日2回の服用です。

2つの製品とも、食前と食後のどちらでもいいので、その点は自由度が高いです。

なお、小児でも服用可能となっています。ハイチオールBは7歳から、ハイチオールBクリアは11歳から飲むことができます。小児が飲む場合は、保護者の管理のもとで服用させましょう。

 

副作用の症状は?

ハイチオールBクリアで注意しておく、副作用の可能性がある症状は次の通りです。

皮膚の発疹。胃部不快感。

 

もう一方のハイチオールBの方を調べると(ハイチオールBの添付文書☟)
hythiol-b3

  • 皮膚の発疹。
  • 吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、胃部膨満感。
  • 下痢。

という症状があげられています。

 

成分の少ないハイチオールBの方が、副作用が多くなっているのがよくわかりません。注意の呼びかけとして、詳しく書かれているような気がします。

いずれにせよビタミン剤を服用するときは、皮膚の発疹などの異常や、お腹の調子の変化に気をつけましょう

 

口コミやレビューの評判は?

ハイチオールBクリアは、発売直後のため口コミがありませんでした。

ハイチオールBの口コミを探し、アットコスメを見てみました。ハイチオールBの口コミ件数は240件で、7点満点で平均点が4.8点でした。

口コミの数や平均点の評価から考えると、まずまず良い評判かなと感じられます。感想を読んでみると、ニキビや吹き出物、肌あれ、口内炎の対策で服用している人がほとんどでした。

 

効果が感じられないという声もちらほらありますが、効き目に満足している人が多かったです。

「ニキビができにくくなった、早く治った。飲むのを止めるとニキビができる。」

「口内炎ができにくくなった、早く治った。」

「ひどい肌あれが改善した。肌の調子が良くなった。」

といったあたりが、高評価の代表的な感想でした。

残念ですが、店頭には古い製品であるハイチオールBは置いていないので、ハイチオールBクリア一択となります。ハイチオールBの口コミはなかなか好評なので、ハイチオールBクリアにも期待しましょう。

 

比較のまとめ

成分の幅広さで見ると、ハイチオールBクリアが良いです。ただ成分量がバラバラなので、どこまで効き目に差があるかは微妙です。

用法でいくと、1日1回なのでハイチオールBクリアの方が手軽です。

口コミを見ると、ハイチオールBも悪くない薬だと思われます。

2016年4月の時点で2つの製品の価格を調べたら、楽天市場の最安値で比較すると、ハイチオールBクリアの方が10~20%ほど値段が高くなっていました。価格差としては、まあこんなものなのでしょうか?

やはり新製品のハイチオールBクリアの方が、少し高めに販売価格が設定されているのかもしれません。ただ、新発売から時間が経って広告の露出などが減り、消費者の注目度が下がれば、価格が安くなってくる可能性もありますね。

Pocket