ハイチオールCプルミエールの成分と効果、副作用、値段をチェックします。

Pocket

シミ、そばかす対策の医薬品として定番なのが、ハイチオールCシリーズです。

黒いシミができるのを抑え、できたシミを無色化する作用がある、L-システイン。

そのL-システインが、市販薬では最大量の240ミリグラム入っています。

 

hcp1

 

成分としてL-システインを多く含むことで、メラニン色素をしっかり予防していきます。

2006年に発売が開始された、ハイチオールCシリーズの基本製品がプルミエールです。

 

ハイチオールCプルミエールの3つの効果

ハイチオールCプルミエールでは3つの効果で、シミ・そばかすをできにくくし、薄くしていきます。

 

1、黒色メラニンの生成を抑制し、シミをつくらせない。

2、シミの原因となっている黒色メラニンを、シミにならない黄色メラニンに変える。

3、沈着している黒色メラニンを、肌細胞の新陳代謝によって排出する。

 

シミができる前、できたシミ、残っているシミ。

これらに、3段階の効果で対策します。

 

memo

 

成分

ハイチオールCプルミエールに含まれる成分は、どういった作用があるのでしょうか?

ハイチオールCプルミエールには、3つの成分が入っています。

 

L-システイン

市販薬として許可されている、最大量240ミリグラムまで含まれています。

L-システインが黒色メラニンの生成を抑え、黒いシミができるのを防ぎます

また、L-システインは抗酸化作用があり、抗酸化作用で黒色メラニンを黄色メラニンに変えていきます

肌細胞の新陳代謝も促進するので、肌に沈着した黒色メラニンを体外に排出します

 

アスコルビン酸(ビタミンC)

アスコルビン酸は、L-システインと協力して、黒色メラニンができるのを防ぎます

アスコルビン酸にも抗酸化作用があり、黒色メラニンを黄色メラニンに変えていきます。

 

パントテン酸

パントテン酸は、肌細胞の新陳代謝を促進します。

約28日で再生する、肌細胞の新陳代謝(ターンオーバー)を、パントテン酸は助けます。

この新陳代謝で、肌表面の角質層にある細胞は、14日ほどで垢となり、皮膚からはがれていきます。

このとき、黒色メラニンも体外へ排出されます。

 

hcp3

 

1か月ほどの試用がおすすめ

ハイチオールCプルミエールの効果は、肌細胞にある黒色メラニンへ作用して表れます。

肌細胞の再生するサイクルで、効いてきます。

そのため、1か月ほどで効き目が感じられ、3か月続けると効果的と考えられます

 

ハイチオールCプルミエールの副作用

ハイチオールCプルミエールの副作用には、どんな症状があるのか?

薬の添付文書を見ながら確認していきます。

 

hcp4

 

ハイチオールCプルミエールをのみ始めて、気をつける症状は次の通りです。

皮膚の発疹

吐き気や嘔吐、腹痛

このような症状が現れたら、副作用の可能性があるとのことです。

また、下痢になった場合も、ハイチオールCプルミエールの影響の可能性があります。

 

Question

 

成分から副作用を考える

ハイチオールCプルミエールの3つの成分、

L-システイン

パントテン酸

アスコルビン酸(ビタミンC)

はすべて、水に溶けやすい性質です。

 

水に溶けやすい成分のため、過剰な量を摂取しても、尿に混じって排泄されます

そのためハイチオールCプルミエールは、大量摂取での副作用は起こりにくい薬です。

 

ただし、薬の成分や添加物が、体質的にアレルギー反応を起こす可能性はあります。

そのときは、皮膚の発疹が出やすいです。

皮膚の発疹などの症状があれば、すぐに薬をのむのを止めましょう

そして、皮膚の発疹やただれがひどいときは、医師の診察を受けましょう。

 

また副作用のおそれの低い成分ですが、大量の摂取により、お腹がゆるくなる場合があります

 

注意されている症状に気をつけながら、服用しましょう。

じっくりと効くタイプの薬ですので、副作用がなければ、1か月ほど試してみると良いでしょう。

 

wallet1

 

ハイチオールCプルミエールの値段は?

ハイチオールCプルミエールの値段を、アマゾンと楽天市場で調べてみました。

アマゾンの値段は、

60錠 1890円 (1日あたり約126円)

120錠 2299円 (1日あたり約77円)

アマゾンでの現在価格ハイチオールCプルミエール

 

楽天市場の最安値は、

60錠 1558円 (1日あたり約104円)

120錠 1880円 (1日あたり約63円)

楽天市場での現在価格ハイチオールCプルミエール

となっています。

Pocket