ハイチオールCホワイティア、プラス、プルミエール、結局どれがいい?

Pocket

ハイチオールCには3つの製品が

シミやそばかすに効く医薬品として人気の、ハイチオールCシリーズ。

2006年に発売されたのが、ハイチオールCプルミエール

2010年、ハイチオールCプラスが発売。

2015年に発売開始のハイチオールCホワイティアが、最新の製品です。

 

hythiolcwhite1

 

すごく似てるが、どれを選べばいいのか‥‥

どれも、シミ・そばかすやニキビだけでなく、疲労や二日酔いにも効果があります。

3種類の成分が同じで、効能・効果も同じ。

 

「ハイチオールCホワイティアとプラスとプルミエール、何が違うの?」

「どれを選べば、いちばんいいんですか?」

 

という気持ちになります。

 

3つの製品を、すっきり整理してみました。

 

それぞれの詳細記事

 

ハイチオールCホワイティア

ハイチオールCホワイティアの成分と効果をチェック。二日酔い対策にも。

ハイチオールCホワイティアの効き目は、1カ月続けて試してみよう。

ハイチオールCホワイティアの副作用は?どういう症状に注意?

 

ハイチオールCプラス

ハイチオールCプラスの効果や値段を調査。ホワイティアとも比較。

 

ハイチオールCプルミエール

ハイチオールCプルミエールの成分と効果、副作用、値段をチェックします。

 

 

ハイチオールCの3製品を表にまとめる

表にまとめると、次のようになります。

(成分量は、1日の通常の量です。)

ホワイティア プラス プルミエール
L-システイン 240mg 240mg 240mg
ビタミンC 500mg 500mg 300mg
パントテン酸 30mg 24mg 24mg
用法 1日2回 1日3回 1日2回
1日の費用(最安値) 約72円 約60円 約63円

 

3つの製品の違いは

ビタミンCの量が、300ミリグラムか、500ミリグラムか。

パントテン酸の量が、24ミリグラムか、30ミリグラムか。

用法が、1日2回か、3回か。

だけです。

 

この成分量の差に、意味はあるのでしょうか?

 

成分量の差に意味はあるか?

これらの成分が、人間にはどのくらいの量が必要なのか

という点で考えてみます。

国立健康・栄養研究所のサイトで、データを調べてきました。

 

L-システインには、はっきりとしたデータはありません。

(参考ページ⇒L-システイン

 

ビタミンC(アスコルビン酸)は、成人の男女は1日100ミリグラムをとることが良いとされています。

すでに日本人は、通常の食品から男性で平均92ミリグラム、女性で平均96ミリグラム摂取しています。

(参考ページ⇒アスコルビン酸

ということは、ホワイティアの500ミリグラムでも、プルミエールの300ミリグラムでも十分だ、と言えます。

 

パントテン酸は、成人の男女は1日4~5ミリグラムをとることが良いとされています。

すでに日本人は、通常の食品から男性で平均5.81ミリグラム、女性で平均5.05ミリグラム摂取しています。

(参考ページ⇒パントテン酸

こちらも、ホワイティアの30ミリグラムでも、プルミエールの24ミリグラムでも、もうすでに十分な量があると言えます。

 

好きな製品を選んでください。私なら値段で選びます。

率直に言うと、いちばん安い製品でいいのでは?

とおもってしまいます。

用法が1日2回と3回なのも、ちょっと理解に苦しむ点です。

製品に差をつけるために、わざとプラスは3回にしているのでは、と勘繰ってしまうほどです。

 

すでに服用していて、効果があるならその製品を使えばいいと思いますが、

これからハイチオールCをためすなら、いちばん安い製品でいいかと考えます。

Pocket