ナボリンS。飲み合わせで注意すべき薬とは?

Pocket

肩こりや腰痛、眼精疲労に効くナボリンS。

nabolin3

ナボリンSの成分と効果、値段をチェックしてみました。

関連記事肩こりや目の疲れに効くナボリンS。値段は高め?

 

デスクワークで肩がこってきたら使いたくなりますが、薬の飲み合わせで注意することはあるのでしょうか?

 

ナボリンSと飲み合わせの悪い薬は?

ナボリンSの成分から、確認していきます。

有効成分は5つ入っています。

 

check1

ビタミンB群

このうち、4つはビタミンB群です。

 

フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)

エネルギーを体内で産生するとき、はたらくビタミンです。

同じ姿勢を続けて硬くなった筋肉に、エネルギーを与え、疲労を回復させます。

 

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

体でいろいろな代謝に関わっています。

神経機能を維持します。

 

メコバラミン(活性型ビタミンB12)

ビタミンB12は、末梢神経の組織がつくられるのを助けます。

傷ついた末梢神経を修復するので、手足のしびれなどに効果があります。

目のまわりの筋肉や視神経も回復させるので、眼精疲労にも効きます。

 

葉酸

葉酸という名称ですが、ビタミンB群に含まれます。

メコバラミンといっしょにはたらいて、末梢神経の傷を修復します。

赤血球をつくって、貧血を防ぐはたらきもあります。

 

ビタミンE

最後のひとつは、ビタミンEです。

 

酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)

末梢の血液循環を改善することで、筋肉の疲れをとります。

抗酸化作用で、体内の酸化ストレスを消します。

nabolin2

 

 

飲み合わせでチェックする成分は葉酸とビタミンB6

ここで注意するのは、葉酸とビタミンB6です

 

葉酸自体は、特に強い作用のある成分ではないですが、ほかの薬に影響を与える場合があります。

リウマチ薬に含まれる成分、メトトレキサートの作用を弱めます。

 

ビタミンB6は、パーキンソン病治療薬の成分、レボドパの効果を弱めます。

 

ですから、リウマチやパーキンソン病を治療している場合は、のんでいる薬に気をつけて下さい。

Check

 

ナボリンSの通販価格は?

アマゾンと楽天市場の販売価格を調べてみました。

 

アマゾンの販売価格

21錠 1580円  (1日あたり約226円)

40錠 2343円  (1日あたり約176円)

90錠 3799円  (1日あたり約127円)

110錠 6242円  (1日あたり約170円)

180錠 6400円  (1日あたり約107円)

アマゾンの現在価格ナボリンS

 

楽天市場の最安値

21錠 1365円  (1日あたり約195円)

40錠 1566円  (1日あたり約117円)

90錠 4000円  (1日あたり約133円)

110錠 5346円  (1日あたり約146円)

180錠 6372円  (1日あたり約106円)

楽天市場の現在価格ナボリンS

 

となっています。

Pocket